北海道出版企画センター トップページ 刊行書案内 会社案内 お問い合わせ
   
 

書籍検索

 

 

 

書籍名  著者名

カートを見る
   

 

書籍一覧

 

歴史・人物・地域

 

教育・文化

 

自然

 

シリーズ物

 

その他

 

 
明治期北海道の裁判制度

 

明治期北海道の裁判制度

 

 

 

明治初期の北海道における裁判は、札幌本庁・根室支庁所轄地は開拓使、函館支庁所轄地は函館裁判所が管轄する裁判機関の二元構造であった。
 その後、裁判所構成法の制定より函館控訴院のもとに函館・札幌・根室地方裁判所が、さらにこれら地方裁判所のもとに、函館・江差・寿都・札幌・小樽・幌泉・増毛・根室・釧路など12か所の区裁判所が設置された。

 

 

著者/牧 口 準 市

新書判/260頁

定価: 1,200円+税(税込 1,296円)

978-4-8328-1904-7

FAX注文書

 

数量

 

 

 

 
 

【目次】

はじめに  序 説
明治期北海道の裁判制度
 箱館裁判所・箱館府/開拓使―職員令/函館裁判所―司法職務定制/旧地方裁判所―大審院 諸裁判所職務章程/始審裁判所―治罪法/地方裁判所―裁判所構成法
明治期北海道の裁判動向
 裁判管轄地人口/裁判の動向/裁判例
明治期北海道の弁護士制度
 序説/無免許代言人時代/免許代言人時代/弁護士時代/弁護士会・弁護士の動き
資 料 編 
 年 表/明治期北海道裁判所構成表/明治期民事統計年表/参考文献
む す び

 
 

 

2019.06.20発刊

 

Copyright (C) 2006 Hokkaido publication project center Ltd.All rights reserved.