北海道出版企画センター トップページ 刊行書案内 会社案内 お問い合わせ
   
 

書籍検索

 

 

 

書籍名  著者名

カートを見る
   

 

書籍一覧

 

歴史・人物・地域

 

教育・文化

 

自然

 

シリーズ物

 

その他

 

 
アイヌの漆器に関する学際的研究

 

アイヌの漆器に関する学際的研究

 

 

 

 漆器はアイヌの人びとにとって、日常具として用いられるだけではなく、儀式に使用する重要な祭具であり、威信財として財力の象徴でもあった。漆器がどのような時期に、どのような経緯を経て、どのような内実の文化が形成され営まれ、地域によってどのような差異があるのかなど、漆器についての新たな知見や、アイヌが用いた漆器の具体像を提示することができたのであれば幸いである。

 

 

著者/浅 倉 有 子[編]

B5判/296頁

定価: 4,500円+税(税込 4,860円)

978-4-8328-1903-0

FAX注文書

 

数量

 

 

 

 
 

【目次】

 浅倉有子…『アイヌの漆器に関する学際的研究』の出版にあたって
北海道から発信する漆文化
 室瀬和美…北海道から発信する漆−今につながる漆文化−/小野哲也…コメント
供.汽魯螢鵑亮心
 東 俊佑…北蝦夷地ウショロ場所における漆器の流入とアイヌの給料勘定/谷本晃久…近世・近代のサハリン南部の歴史と漆器〜西海岸ライチシカ:来知志を中心に〜/宮腰哲雄他…サハリン・アイヌの漆器の特徴と科学分析
掘_椣价呂伴心
 清水 香他…擦文・アイヌ文化における漆椀の実年代−総合的な分析による交流史の復元−/菅原慶郎…蝦夷地で流通する「塗物類」に関する一考察/松本あづさ…明治初年におけるアイヌ向け漆器の仕入れについて/本多貴之…小樽市総合博物館所蔵漆器の科学分析/神谷嘉美…小樽市総合博物館所蔵の漆器に用いられた金属の形態と加飾技法/小林幸雄…沈金熊図文トウキ(杯)の木地形態
検‘酩椀と浄法寺塗
 浅倉有子…南部箔椀に関する基礎的考察/宮腰哲雄他…歴史的な浄法寺塗の塗膜分析と特徴/藪中剛司…岩手県二戸市浄法寺で生産された可能性のある漆器について−新ひだか町博物館所蔵資料の検討から−/宮腰哲雄他…新ひだか町博物館所蔵のアイヌ漆器の特徴と科学分析

 
 

 

2019.03.30発刊

 

Copyright (C) 2006 Hokkaido publication project center Ltd.All rights reserved.