北海道出版企画センター トップページ 刊行書案内 会社案内 お問い合わせ
   
 

書籍検索

 

 

 

書籍名  著者名

カートを見る
   

 

書籍一覧

 

歴史・人物・地域

 

教育・文化

 

自然

 

シリーズ物

 

その他

 

 
札幌キリスト教史の研究

 

札幌キリスト教史の研究

―通史のための試み―

 

 

 

自治体史にあってキリスト教史は時代区分をはっきり定め、戦前だけではなく戦後を含めてとぎれなく連続してたどることが必要で、対象となるキリスト教会が戦前戦後をとおしてどのように存在したかの所在地を網羅し分布図にした。さらにこの本の大きなウエイトを占めた戦時下の問題、教会とキリスト者がどのように戦争と国家に向き合ったかを特論編に収めた。今後本書が自治体史のキリスト教史執筆の一助となるのであれば幸いである。

 

 

著者/鈴江英一

A5判/244頁

定価: 2,600円+税(税込 2,808円)

978-4-8328-1901-6

FAX注文書

 

数量

 

 

 

 
 

【目次】

はしがき
第一部 各論編
自治体史の中のキリスト教史/戦前、札幌におけるキリスト教会の変遷―その名称と会堂位置について―/「戦時下キリスト教史」の叙述について―『新札幌市史』のためのノート/「戦後キリスト教史」の叙述について―『新札幌市史』のためのノート・続―/近代日本キリスト教史と札幌における時期区分
第二部 特論編
第一 戦争期、キリスト教徒にみる国家体制順応の思想
はじめに−問題の所在−/戦争期とキリスト教/椿牧師におけるキリスト教と日本精神/社会・文明批判の立場/国家体制への順応/まとめ−椿牧師の課題としたものについて
第二 戦時下、札幌における状況への順応
課題の設定/戦時下到来の前のキリスト教/椿真六に見る国家体制への順応/小野村林蔵に見る状況への順応/まとめ−戦時下の言説を歴史の中に置く
 おもな参考文献目録・あとがき・人名索引

 
 

 

2019.03.08発刊

 

Copyright (C) 2006 Hokkaido publication project center Ltd.All rights reserved.