北海道出版企画センター トップページ 刊行書案内 会社案内 お問い合わせ
   
 

書籍検索

 

 

 

書籍名  著者名

カートを見る
   

 

書籍一覧

 

歴史・人物・地域

 

教育・文化

 

自然

 

シリーズ物

 

その他

 

 
道南十二澆瞭

 

道南十二澆瞭

 

 

 

東北の古代から中世に至る歴史の流れを調べ、本州の和人と北海道のエゾ人との関わりについて推理し、「道南十二館」をテーマに、北海道で最も古い文献といわれる『新羅之記録』の史料としての内容・物語性を他の関係史料や先行書籍などを参考に比較・検討し、「道南十二館の時代」の歴史状況を整理して、この時代の「歴史の霧、謎解き」に迫った。

 

 

 

著者/木村裕俊

A5判 /406頁

定価: 3,800円+税(税込 4,104円)

FAX注文書

 

数量

 

 

 

 
 

【目次】

まえがき
 第一章 古代からのメッセージ
エゾヶ島と北東北の歴史的関係/激動する北方世界/「中尊寺供養願文」から見えるエゾ地との関係/「原口遺跡」から見えて来たもの/古代から中世への展開
 第二章 中世のエゾヶ島
鎌倉時代のエゾの沙汰/南北朝期は擾乱の時代/『諏訪大明神画詞』に描かれたエゾヶ島/エゾヶ島の「渡党」/海上交通の発展と経済成長/「エミシ」から「エゾ」へ、そして「アイヌ」へ
 第三章 『新羅之記録』の世界
「道南十二館」の時代/「安藤(安東)氏」の系譜/通説「道南十二館」の物語
 第四章 館跡の探訪と「十二館」の伝承
「道南十二館」の遺跡と館主/「館主」たちの系譜と伝承
 第五章 謎と霧に包まれた「道南十二館」
「謎」の提起/「渡島」と道南十二館/若狭国「武田源氏」と松前「蠣崎氏」の関係/『新羅之記録』の信憑性/『松前家系図』の真偽について/「道南十二館の時代」の文化/蠣崎一族の野望/『新羅之記録』をどう読むか
「道南十二館の謎」関連の年表/参考文献

 
 

 

2017.01.30発刊

 

Copyright (C) 2006 Hokkaido publication project center Ltd.All rights reserved.