北海道出版企画センター トップページ 刊行書案内 会社案内 お問い合わせ
   
 

書籍検索

 

 

 

書籍名  著者名

カートを見る
   

 

書籍一覧

 

歴史・人物・地域

 

教育・文化

 

自然

 

シリーズ物

 

その他

 

 
北垣国道の生涯と龍馬の影

 

北垣国道の生涯と龍馬の影

戊辰戦争・北海道開拓・京都復興の足跡

 

 

 

北垣国道のロマンと情熱
 生野の変・戊辰戦争のあとに北垣国道が関わった北海道開拓(主に鉄道の施設)、京都復興(琵琶湖疏水事業ほか)に全人生をかける!!
 坂本龍馬・田辺朔郎・新島襄・山本覚馬・千葉重太郎らと織りなす人間模様

 

 

著者/北国諒星

四六判/226頁

定価: 1,600円+税(税込 1,728円)

978-4-8328-1404-2

FAX注文書

 

数量

 

 

 

 
 

【目次】

  はじめに−知られていない北垣国道の真価
第1章 青𧮾書院に学ぶ
第2章 但馬農兵取り立てに動く
第3章 生野の変(生野の義挙)起きる
第4章 坂本龍馬・勝海舟らと交流−蝦夷地開拓の夢を語る
第5章 戊辰戦争に参戦−戦後、弾正台・鳥取県に出仕
第6章 開拓使に入り札幌、浦河などで活躍
第7章 西南戦争時、熊本県大書記官に
第8章 長期にわたり京都府政をリード
第9章 琵琶湖疏水工事に挑戦
第10章 同志社関係者・千葉重太郎らとの接点
第11章 第四代北海道庁長官就任と”北垣一二カ年計画案”
第12章 道内鉄道の施設、港湾整備などに執念
第13章 道政を転換−寒地稲作を奨励と「上川離宮構想」反対
第14章 拓殖務次官・函樽鉄道株式会社社長に
第15章 北垣国道の最期
 [別記]田辺朔郎という人物
  あとがき−求められる北垣国道の再評価
   北垣国道年表・主な参考文献

 
 

 

2014.06.10発刊

 

Copyright (C) 2006 Hokkaido publication project center Ltd.All rights reserved.