北海道出版企画センター トップページ 刊行書案内 会社案内 お問い合わせ
   
 

書籍検索

 

 

 

書籍名  著者名

カートを見る
   

 

書籍一覧

 

歴史・人物・地域

 

教育・文化

 

自然

 

シリーズ物

 

その他

 

 
北海道を考える

 

北海道を考える

 

 

 

 この文章は、北海道に生まれ成長する中で、いつの日からか考え続けてきたことでもあり、北海道に対する私自身の想いが含まれています。
温故知新と云われますが、この本が北海道を考える一助となれば幸いです (「はじめに」より)。

 

 

著者/斉藤 傑(さいとう まさる)

四六判/238頁

定価: 1,600円+税(税込 1,728円)

978-4-8328-1401-1

FAX注文書

 

数量

 

 

 

 
 

【目次】

北海道とは何か−日本列島の三つの文化・変化の多くな波・石高のない大名
津軽海峡を挟んで−海からの恵み・無主の大地が・北海道の風土と文学
開拓使の試み−民の努力と為政者・大地に刻まれた線・屯田、そして北鎮
北海道開拓とは−内陸と海岸・サイロのある風景・瓦葺きと茅葺き、そして土塀
いろいろな生き方−自然の恵みから再生産へ・知里幸恵のこと・文化の伝承とは
ふるさとと結ぶ道−ふるさとを結ぶ道・北海道はどう変わるのか・広がり続ける格差
梅棹忠夫「北海道独立論」−未知の大地・北海道思想とは何か・戦後の北海道
自然との交渉−明治の国づくり・四つの北海道二つの文化・自然との交渉・北に生きること
北海道文化−厳しい自然での生活・北の大地で死ぬこと・県民性と北海道人
文化を受継ぐとは−文化とは何か・「地域とは何か」から・仕事の場と生活の場

 
 

 

2014.01.15発刊

 

Copyright (C) 2006 Hokkaido publication project center Ltd.All rights reserved.