北海道出版企画センター トップページ 刊行書案内 会社案内 お問い合わせ
   
 

書籍検索

 

 

 

書籍名  著者名

カートを見る
   

 

書籍一覧

 

歴史・人物・地域

 

教育・文化

 

自然

 

シリーズ物

 

その他

 

 
新版松浦武四郎自伝

 

新版松浦武四郎自伝

 

 

 

 本書は松浦武四郎の自伝として、内容が最もよく原本の形をつたえていると考えられる、雑誌『世界』(京華日報社)に16回(明治44年〜大正2年)にわたり連載されたものを底本とした。
 
 武四郎の本州はもとより、九州、四国から蝦夷地(樺太、択捉・国後、北海道)にと全国におよぶ足跡を深く知るために、全体に脚注を施し、本文中に見られる地名の現在における位置を記載した。加えてその行動の理解を助けると思われる出来事と関連する事項を太字で示した。
 特に「癸丑〈きちゅう〉浪合日記」における南朝の旧跡探訪、「甲寅〈こういん〉のあらまし」の異国船来航にともなう騒然とした世相、「乙卯〈おつぼう〉のあらまし」にみる安政の大地震時の江戸市中の惨状などをあますところなく記している。
 また、巻末に3000人を越える人名索引を収録した。

 

 

著者/笹木義友 編

A5判/355頁

定価: 3,800円+税(税込 4,104円)

ISBN978-4-8328-1305-2

FAX注文書

 

数量

 

 

 

 
 

【目次】

編集にあたって

松浦浦武四郎伝
 〈文化15(文政元)年〜慶応3年〉
癸丑浪合日記
 〈嘉永6年6月から年末まで〉
甲寅のあらまし
 〈嘉永7年(安政元年)〉
乙卯のあらまし
 〈安政2年〉
「木片勧進」抄 明治以降        
      
  人名索引



 

 
 

 

2013.07.20発刊

 

Copyright (C) 2006 Hokkaido publication project center Ltd.All rights reserved.