北海道出版企画センター トップページ 刊行書案内 会社案内 お問い合わせ
   
 

書籍検索

 

 

 

書籍名  著者名

カートを見る
   

 

書籍一覧

 

歴史・人物・地域

 

教育・文化

 

自然

 

シリーズ物

 

その他

 

 
唐太日記・北蝦夷餘誌

 

鈴木茶渓・松浦武四郎

唐太日記・北蝦夷餘誌

 

 

 

「唐太日記」は、嘉永7年(1854)に堀利熙・村垣範正の 樺太巡検に随行した鈴木茶渓が残した記録を松浦武四 郎が註を加え刊行したもので、「北蝦夷餘誌」は、安政3 年(1856)に武四郎が樺太調査した記録をそれぞれ現代 語訳してなったものである

 

 

著者/今野淳子

四六判/210頁

定価: 1,500円+税(税込 1,620円)

ISBN978-4-8328-1302-1

FAX注文書

 

数量

 

 

 

 
 

【目次】

・序に代えて
・「松浦武四郎翁の足跡を訪ねてINサハリン」に参加して
・唐太日記・北蝦夷餘誌について
・鈴木茶渓先生著 唐太日記 巻の上・巻の下
・松浦武四郎著 北蝦夷餘誌
・久春古丹にて堀・村垣廻浦ことを議す
・支配向き北蝦夷地廻浦割り
・関 係 年 表
・一本の針−松浦武四郎が遺したもの
・あとがき

 
 

 

2013.03.15発刊

 

Copyright (C) 2006 Hokkaido publication project center Ltd.All rights reserved.