北海道出版企画センター トップページ 刊行書案内 会社案内 お問い合わせ
   
 

書籍検索

 

 

 

書籍名  著者名

カートを見る
   

 

書籍一覧

 

歴史・人物・地域

 

教育・文化

 

自然

 

シリーズ物

 

その他

 

 
北海道の歴史と文化            品切れ

 

北海道の歴史と文化            品切れ

−その視点と展開

 

 

 

北海道史研究の新展開 本書は、古文書解読講座をはじめ市町村史研究の交流会や講習会の開催、会報の発行、研究や史料情報の交換などの事業を全道的に展開してきた、北海道史研究協議会の創立四十周年記念の論集である。

 

 

著者/北海道史研究協議会編

A5判 /541頁

定価: 6,500円+税(税込 7,150円)

ISBN978-4-8328-0607-8

FAX注文書

 

数量

 

 

 

 
 

【目次】

序  文(田端  宏)
北海道における歴史研究の現状と課題
 古代・中世研究の現状と課題(乾  芳宏)
 近年の爛▲ぅ婿豊畍Φ羇標―近世文献史学研究を中心に―(谷本 晃久)
 近現代史研究の現状―主に地域史研究とその活動の紹介(榎本 洋介)

中 世 編
 北海道の中世板碑について(須藤 隆仙)

近 世 編
 幕領蝦夷地と場所請負制(田端  宏)
 蝦夷地・戸賀知の砂金と蝦夷地に渡った佐渡西三川の金掘(太田 善繁)
 江戸幕府の国絵図作成と松前藩の対応(高木崇世芝)
 飢饉と米価から考察した場所請負制の功罪(秋葉  實)
 史料紹介 樺太南部を中心とした栖原家家譜(秋田 俊一)
 史料紹介 松田傳十郎『阿迪埜躍之記』についての考察(大塚 和義)
 上ヨイチ運上家とその周辺(乾  芳宏)
 場所生産物の直段表示について(駒木根恵蔵)
 猗甕燭凌有疊館奉行堀織部正利煕(近江 幸雄)
 島義勇の『入北記』と前後の日記について(有田 政博)
 史料紹介 佐倉藩士のクナシリ島・ヱトロフ島調査(本田克代・吉田千萬)

近 現 代 編
 ブリュネの遺したもの―タイクン拝領の刀を追って―(合田 一道)
 本多新と新井奥邃(福田 隆三)
 北海道町村制度史再考―研究の再構築のために―(鈴江 英一)
 知的障害児者教育・福祉の源流をたずねて―内村鑑三・留岡幸助・石井亮一から学ぶ―(平中 忠信)
 馬匹改良三十か年計画の第一期に対する北海道の対応(寺島 敏治)
 新十津川町における「鳥取県団結移住」の展開(卜部 信臣)
 大津街道開削について「試論」(阿部富喜男)
 俳人阿部慧月の誕生―大正モダニズムと地方の成長(君  尹彦)
 北海道における昭和初期の字名改正について―住民意志の反映を中心に(関  秀志)
 史料紹介 利尻島仙法志村鰊漁場出稼漁夫に関する名簿 (西谷 栄治)

史料紹介 GHQを中心とする教育変革の指令・指示文書―昭和二十、二十一年度より(藤田 明郎)

覚書 北海道郷土史研究会の人々と関係出版物(出村 文理)

道史協四十年のあゆみ
 北海道史研究協議会四十年の歩み(高木崇世芝)

年表・四十年の歩み
 『北海道史研究協議会会報』総目次(分類別)
 北海道史研究協議会刊行物一覧(テキスト・出版物など)

あとがき(大庭 幸生)

 
 

 

2006.07.08発刊

 

Copyright (C) 2006 Hokkaido publication project center Ltd.All rights reserved.