北海道出版企画センター トップページ 刊行書案内 会社案内 お問い合わせ
   
 

書籍検索

 

 

 

書籍名  著者名

カートを見る
   

 

書籍一覧

 

歴史・人物・地域

 

教育・文化

 

自然

 

シリーズ物

 

その他

 

 
続・語り継ぐ民衆史

 

続・語り継ぐ民衆史

 

 

 

石炭採掘と米作りのため「アイヌ・囚人・タコ労働者・強制連行された朝鮮人と中国人」が多数送り込まれた。
彼らの労働、尊い犠牲があった故に、この地方の発展が保証された。

 

 

著者/杉山四郎

四六判/314頁

定価: 1,905円+税(税込 2,095円)

ISBN978-4-8328-9705-2

FAX注文書

 

数量

 

 

 

 
 

【目次】

序章

第一章 空知地方に関する記録の調査
1新聞の切り抜き― 一九九四(平成六)年 2出版物を紐解く

第二章 アイヌの足跡
1空知・二七市町村の地名 2集団移住を追う

第三章 囚人の足跡
1囚人の碑 2月形町 3上川 4増毛道路をたどる 5再度、月形町・三笠市に出向く

第四章 “タコ”労働者の足跡
1“タコ”労働者の碑 2排水溝・灌漑溝の工事 3二度、幌加内町朱鞠内に出向く 4建て替えられた「倶会一処」碑

第五章 強制連行された朝鮮人と中国人の足跡
1朝鮮人の碑 2強制連行された朝鮮人の碑 3河川工事と朝鮮人 4強制連行された中国人の碑 5中国人を連行した二四の事業場 6「戦後五〇年」の年に考えたこと<その一> 7「戦後五〇年」の年に考えたこと<その二> 8戦後処理問題と高校生の意見

第六章 娼妓の足跡
1歌志内・岩見沢遊廓<その1> 2歌志内・岩見沢遊廓<その2> 3滝川・深川の遊廓、炭鉱における朝鮮人慰安所

終章

 
 

 

1997.05.03発刊

 

Copyright (C) 2006 Hokkaido publication project center Ltd.All rights reserved.